春はお花見に行きたい

 

春といえば真っ先に思い浮かべるのがサクラですね。そしてサクラが満開になる頃には

お花見のシーズンがやってきます。花を愛でる日本人特有の行事です。

そうすると宴会で飲み会に参加したりして色々な人との交流も増えてきます。

そんなときに気になるのがやはりファッションですね。

センスあふれる着こなしなんて出来ないものですから、適当にありあわせの服でも

いいかもしれません。お花見であまり気合の入った服を着て行くのも変な感じになります。

それの男性達もお酒が入っているのであまり短いスカートなんて入っていると、

中が見えてしまったりしますので気をつけましょう。

サクラといえば思い浮かべるのがさくらの曲ですね。森山直太朗とか河口恭吾なんかが、

歌ってヒットしていたりしましたね。

花の命は短いから1週間で散ってしまう儚さが人気の秘密でしょうね。

あれが一年中咲いていたらあまりにも当たり前になってしまって、

誰も見向きもしないかもしれませんね。満開の時期の一週間にたまに雨がザーザーと降る年があります。

あれだけは止めて欲しいと思います。自然のことだから人間にはどうしようもありませんが、

今年の春はサクラが長持ちするように雨は待機しておいて欲しいです。