スエットはヤンキーファッション?

スエットは部屋着として使われているのが一般的ですね。ですが、90年代ごろから、

頭が金髪のヤンキーたちがコンビニにたむろするときスエット姿をしていることが多かったです。
やさぐれギャルの制服みたいになっていたのは記憶にあたらしいですね。

いまでも都会では減りましたが田舎に行くとすくなくありません。特に栃木や茨城では少なくないでしょう。
スエットはヤンキーファッションのように思われますが、元々は部屋着です。
着ているとリラックス出来て締め付ける所も少ないので楽な気分になります。

そして着替えるのも素早く出来ます。家でスエットを着たまま外に出かけるのも出来ますね。
ちょっとビールが飲みたい時近くのスーパーやコンビニに買い物に行くのにわざわざ着替えるのは
面倒くさいです。

そんな時に大活躍してくれるのはスエットです。そして、色はレッド、ブルーなどが主流ですね。
なぜかあの二色はよくみかける色です。
そして、そんなスエットはこれからも部屋着として活躍し続けるでしょう。金のネックレスさえ
しなくて、髪を染めなければヤンキーに見えませんので安心してくだい。

ただ、大事なポイントがあります。買う時は無地のものを絶対に選びましょう。理由は
センスを疑われる心配があるからです。部屋着だからといって安心しきってはいけないのです。